中古車の値引き交渉

中古車の見分け方

中古車の値引きのポイント!NGな価格交渉の進め方とは

更新日:

車を購入する際には値引き交渉をすることが一般的になっています。もちろん中古車の購入時にも価格交渉は必須です。中古車選びで、買い手が有利に価格交渉を進めるためには、どんな点に気を付けると良いでしょうか。

中古車も値引きは可能である

中古車であっても値引きすることは可能なため、交渉次第ではお得に購入することができます。しかし、値引き率は一律ではありません。
また中古車の場合は車の本体価格や程度が全て異なるため、どのくらい値引いてくれるかは対応してくれる販売店によって変わります。
どのように価格交渉すれば販売店に嫌われずにお得に買い物ができるでしょうか。

まず覚えておくべき基本的なことは、販売店側の人に嫌われないように交渉するということです。販売店の人も人間なので、好き嫌いがあります。販売店の人と良い関係を築くことは、買い手である私たちにもメリットがあります。では、嫌われないように注意すべきポイントにはどのようなものがあるでしょうか。

知識をひけらかすような交渉

自分の方がより知識があるというような話し方には気を付けなければなりません。車が好きなこと、そしていろいろな知識を持っていることは良いことです。しかし、販売店との交渉の際に「自分の方が営業マンよりも車に詳しい」という雰囲気を出すと、営業マンにとっては気持ちが良いとは言えません。

特にインターネットで得た知識を基に話をすることには注意が必要です。販売店はプロですし、整備士などもお店にいることが多くあります。そのような人たちに、整備に関する細かい指示やクレームのようなことをたくさん言っても、気分を害するだけです。ある程度値引きはしてくれるかもしれませんが、良い関係を築くことは難しいでしょう。

見積もりの時に細かくチェックすることは大切ですし、納得いかないことがあれば聞いてみることも重要です。しかし、ネットなどの浅い知識に基づいて度を越えた主張をすることがないように気を付けましょう。

自己中心的な態度

これはどんな場合でも嫌われてしまう態度ですが、値引き交渉をする時には特に注意しなければなりません。根底に「自分は客である」といった自己中心的な考えがあると、要求が度を越したものになってしまう可能性があります。

そして、度を越した要求にはもちろん応じてもらえないため、この販売店はダメだ、といったネガティブな考えがさらに助長され、販売店との関係は悪くなっていく一方です。

価格交渉を行う際には、販売店側の気持ちも考えることが大切です。販売店側にもいろいろな都合があります。値引きできる限度や提供できるサービスにも限界があります。また、営業の人もやはり人間なので予定もあれば感情もあります。

自分の主張ばかりを通そうとしたり、自己中心的な態度で話をすると、営業マンの気分が悪くなってしまうのも当然です。

値引き価格が常識外れである

値引き交渉で最も注意しなければならないのが、常識を超えた値引き金額を要求することです。確かに、新車も中古車もある程度の値引きが可能であることは事実です。しかしそれはいくらでも値引きをすることが可能というわけではないということをしっかり理解しておきましょう。

一般的な平均としての値引き価格は3万円から10万円程度と言われています。もちろん、車両本体価格が50万円に満たない格安の中古車もあり、そのような場合には1万円以下の値引きになるでしょう。

値引き交渉において大切なのは「歩み寄っていく」態度です。自分の主張ばかりを通して「このくらい値引きしてくれなければ買わない」という態度をとらないようにしましょう。

上手な値引き交渉のやり方

まずは大前提として、人としてのマナーを示しましょう。確かに買うか買わないかを決めるのは客である自分自身です。しかしそれはどんな態度を取っても良いというわけではありません。営業マンの話にも耳を傾け、提供してもらえるサービスについて説明してもらいましょう。

価格交渉の際には他のお店の価格を参考にできるかもしれません。インターネットには同じようなグレード、程度の中古車がたくさん掲載されています。それらの価格を参考に交渉できるかもしれませんが、注意したいのはネットでの価格を強調しすぎないことです。

ネットではこの価格であるのだから、同じかそれよりも安くしてほしいと交渉するのではなく、このお店で買いたいと思っているのだけれども、他店はさらに価格が安いから悩んでいる、といった感じで話すと良いかもしれません。

まとめ

値引き価格には限界もあるので、希望通りの結果が得られない場合があります。しかし、オプションをつけてくれたり、修理やメンテナンス代、手数料をサービスすしたりなど、別の形で何かの提供を受けることができるかもしれません。

また、車は購入後もメンテナンスでのサポートが必要になるケースも多くあります。そのため、車両価格を少しでも安くすることより、販売店側との良い関係を築くことを念頭に置いて値引き交渉を行うことは重要です。

-中古車の見分け方

Copyright© 後悔しない!中古車の選び方 , 2021 All Rights Reserved.